この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

靴を脱いだ時にモワッと漂うあのニオイ、

あの臭いやつです。

 

周りに人がいるところで靴を脱ぐことも意外と

あるかと思いますが、臭うとめちゃ恥ずかしいですよね。

 

私もやっているニオイ対策を書いておきます。

 

靴が臭くなる原因

人によっては靴を履いていると足に汗をかいてジメジメしますよね。

足には汗腺が多く、体の中でも汗をかきやすい部位の1つです。

 

そんな高温多湿の靴の中では、細菌が繁殖しやすくなります。

足についている古くなった角質や、汗に含まれる有機物を

細菌が分解することで足のニオイが出てしまうわけです。

 

さらに雑菌が大量に繁殖していることでニオイも

強くなってしまいます。足は靴に密着しているので、

細菌やニオイ成分が靴にもたくさん付くことになります。

 

 

メチャメチャ安く解消する方法

 

10円玉をいっぱい入れる

10円玉は銅で出来ています。

銅には殺菌効果があるので、ニオイを発生させる細菌を

死滅させることでニオイを解消することになります。

 

家に帰って靴を脱いだ後、10円玉を数枚入れておきます。

履く靴が1足なら、翌朝には10円玉を取り出して履きますが、

何足かあればローテーションして履くのが良いです。

 

ローテーションして履ければ、2,3日10円玉などで

除菌も出来るし、汗の水分も乾かすことが出来ます。

 

長期間靴を補完する場合は必ず10円玉を取り出してください。

 

10円玉で靴のニオイが無くなったと感じる人と、

全然効果がないと感じる人がいたりします。

 

効果を感じられない場合は、靴のニオイが強力なのかもしれません。

足を出来るだけ清潔に保つとか、次に紹介する重曹を

試してみると良いと思います。

 

重曹を使う

重曹の力で靴のニオイを取ります。

 

重曹は300円とか安く買えますし、除菌スプレーなどと違って

薬品が含まれているわけでは無いので体にも安心です。

 

しかも、何度も使えます!!

 

やり方は、靴下やストッキング、ペンケースなど何でも

いいですが、多少通気性のあるものに重曹を入れます。

入れる量は100CC程度です。

 

靴下やストッキングなら口をしばる、ペンケースなら

ファスナーを締めます。穴が開いてしまって重曹が

こぼれるような靴下はダメです。

 

これを靴にいれて一晩置いておくだけです。

 

 

まとめ

お金をかけずにできる靴のニオイ対策を紹介しました。

 

もしも、たくさんお金をかけても効果が無かったらショックです。

10円玉を使う場合も重曹でも、数百円あれば出来ちゃいます。

体と財布に優しい方法から試してみてはいかがでしょうか。