この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

4

 

 

30年近く悩んでいた足の臭いのお話です。

臭い話で申し訳ないですが、最近悩みが解決できたと感じて

ちょっと叫んじゃうくらい感動してしまったので記事を書きます。

 

※あくまで私個人の感想です。使う人の肌の状態や使い方にも

大きく左右されますし、効果を保証するものではありませんので

ご留意くださいね。

 

人前で靴を脱ぐのがちょっと怖い、私の足事情

 

最初に「靴を脱ぐのが怖い」と思ったのは小学生の時

あれは小学校3年生くらいの時の出来事でした。

うちの地元の小学校には体育館以外にもたくさん人が集まれる

デカいホールがありまして、学芸会も体育館じゃなくてそっちのホールで

行われていました。

 

そのホールのヤバいところは、靴を脱ぐところなんですよね。

床がじゅうたんになっていて、入口には下駄箱があって靴を脱ぐわけです。

小学校の上履きはスリッパじゃなくて靴だったので、

足が臭いやすくなる環境でした。しかも私は小学生の時は

靴下を履かなかったんです。

 

そんなこんなで、学年の集会か何かでホールに集まった時、

「だれか、足くせぇぞ!」

と言い出しました。あれは今考えても怖い一言でした。

 

自分の足がちょっと気になり、コッソリとニオイをかいでみたら

良からぬカオリを感じたのを覚えています。

そのあとは、出来るだけ同級生に近づかれないように気を配っていました。

 

足のニオイでいじめられてはたまりませんから。

 

会社の自分の席では靴を脱ぎたい、でも怖い

以前いた会社なら、事務所でカジュアルな服装、クロックスでも

OKな職場だったので気になりませんでした。

極端な話、ドン・キホーテに売ってあるピカチュウの着ぐるみを

着て仕事しても許される、ゆるーいところでした。

 

サンダルとかクロックスとかなら、通気性が良くて足が蒸れにくいので

細菌が繁殖しまくるのをある程度軽減できます。

 

ところが転職して毎日スーツを着て仕事する職場になると、

当然ながら足元は革靴になります。

 

革靴の通気性はよろしくないので、靴の中が汗で蒸れます。

非常にジメジメとして不快な感じなので、自分の席にいるときは

靴を脱いで靴の上に足を置いて仕事をしたいんですよね。

 

理想はサンダルに履き替えたいところですが、

あいにくうちはサンダル禁止です・・・。

 

そんな感じなので、自分の席に座ったらちょっと

靴を脱ぎたくなって脱いでみるんです。

今日は臭い日かな、あまり臭わない日かなぁ・・・、

などと考えながら、ちょっとだけ脱いでみます。

 

すると、自分の足元から納豆のような良からぬニオイが

漂ってくることがよくあります。ニオイがするからには、

急いで靴を履きなおさないといけません。

 

ジメジメとした不快感に耐えながら、1日を過ごす羽目になりますが、

スメハラだとか言われたくないので仕方ないです。

 

近くに女性がいるときは、靴を脱ぐのがもっと怖い

女性はニオイに敏感だと思います

女性のほうが自分のニオイケアにしっかりと取り組んでいる方が多いですし、

電車に乗っていて女性が横に座った時、香水は別として、

ニオイがヤバい人なんて滅多に遭遇することがありません。

 

それだけニオイに気を使っている女性だからこそ、男性以上に

ヤバい臭いには敏感に反応すると思います。

 

嗅細胞数が、男性よりも女性のほうが平均で2倍ほど多いため

女性のほうが嗅覚が鋭いという研究結果もあります。

 

女性には良いニオイの印象を与えたい

好みの女性だとか関係なくて、女性にはあまり不快な印象を

持たれないようにしたいものです。

 

女性のほうが噂話とか世間話とか、職場の話とかそういう

コミュニケーションが多いように思います。

そこで、「〇〇さんは足のニオイがちょっとねー」

とか話されちゃうと、知らない人からも警戒されかねません。

 

後輩いじりの好きな先輩などに話が伝わって、

「〇〇くん、昨日足洗った?」とか、いきなり聞いてくるかもしれません。

「ちょっと靴貸してくれない!?」とか訳の分からないことを

言い出すかもしれません。

 

それに、異性から「〇〇さん、足のニオイがキツイんですが」

なんて言われるのも、イヤな顔をされるのもやっぱりツライですし。

 

そんな事態にならないように、常日頃から臭い対策をしていくことが

とても大切だと実感しています。

 

今まで試してみた足の臭い対策

ニオイがしたら、トイレで足を拭いてみる

日によって足の臭いの破壊力が変わるんですが、非常に強力な日は

靴を履いている状態でもちょっと気になるレベルです。

 

幸いカバンにはボディペーパーや洗顔ペーパーなどが

常備してあるので、トイレに駆け込んで靴下を脱いで

足を直接拭いてキレイにすることが出来ます。

 

トイレに行って足を拭いて、足がスッキリとする。

また靴下を履いて靴を履いて自席に戻って靴を脱ぐ。

そして漂う足のニオイ・・・?

 

そうです。足をキレイにするだけじゃなくて、臭いが

しみ込んでいる靴下も交換するべきなんです!!

そういう時に靴下の予備が無いとホント困ります・・・。

 

靴の中に10円玉を入れてみる

足のニオイの原因は、バクテリアなどの細菌が、角質や汗に含まれる皮脂、

アンモニアなどの有機物を分解してニオイを発生させるからです。

 

10円玉の素材は銅なので、靴の中に入れておくと銅の殺菌効果で

細菌を死滅させてくれるのでニオイが改善されます。

 

10円玉を入れておけば完璧というわけではないですが、

私の場合は足のニオイ消しにかなり役立ってくれました。

 

ちなみに靴に入れる10円玉は左右1枚ずつがベストです。

2枚以上入れてしまうと、歩くときに足元から小銭の音が出ます(笑)

非常に不自然な現象なので、私は1枚ずつにしています。

 

10円玉の殺菌効果のメカニズム

なんで10円玉の銅にそんな力があるんでしょうか。

ちょっと調べてみました。

 

10円玉の銅の一部が汗に溶けて銅イオンになります。

銅イオンが細菌に到達すると、細菌の細胞壁や細胞膜をぶち壊します。

そして、銅イオンが細菌の中の酵素やタンパク質と結びついてくれて、

汗に混じった皮脂などを分解するのを邪魔します。

 

銅イオンの効果で細菌の中の酸素の一部が活性酸素となって、

細菌の中の有機物を分解し死滅させます。

 

台所の三角コーナーとか、ちょっと高価な盆栽用品(ジョウロ)とか、

除菌作用を必要としているものに銅製品が多く使われるのもそのためです。

 

足をしっかりと洗う、洗う頻度を増やす

足のニオイの原因がバクテリアのしわざなら、足をしっかり洗って

バクテリアを減らしておけば、ニオイも軽減するはずだと言うわけです。

 

朝靴を履いて家を出発し、高温多湿な靴の中でバクテリアを

たくさん増やして家に帰って来てしまう。

 

それなら朝家を出発する前に、出来るだけバクテリアの数を

減らして、バクテリアが少ない状態で家を出発することです。

帰宅したときと、お風呂に入るときにもしっかり洗います。

 

それでも靴下の不快なニオイは残りますが、10円玉と

足をしっかり洗うのとでかなり臭いが軽減しました。

 

ガレイド(GALLEIDO)ってデオドラントクリームを足にぬってみた

 

ワキガ対策の目的で購入したガレイドでした。

足の指の間とかにも付けやすい感じで公式ページに

載っていたので、足にも使ってみることにしました。

※あくまで私個人の感想です。使う人の肌の状態や使い方にも

大きく左右されますし、効果を保証するものではありませんので

ご留意くださいね。

 

1日履いた靴下を彼女の鼻に近づけてみた

 

朝いつものように体や足をしっかりと洗ってからガレイドのクリームを

脇と足にもぬり、革靴を履いてお仕事へ。

 

朝8時前に家を出て、家に帰ってこれたのは22時を過ぎてからでした。

10円玉入れるのと足をしっかり洗うのと気を付けていても、

いつもは帰宅した後靴下を脱ぐとヤバいニオイがしていたんですが、

この日はいつもと違う気がしました。

 

なんか大丈夫そうな気がして、彼女の鼻に近づけてニオイをかいでもらいました(笑)

「おー、変なニオイしないね!」

と言っていました。これはホントに嬉しかったです。

 

せっかくぬったのに臭かった日の、クリームのぬり方とか

「勝って兜の緒を締めよ」みたいな話です。

 

ガレイドのパワーに感動して、次の日もしっかり洗った足に

ちゃんとクリームぬって靴下と靴を履いて仕事へと出かけました。

もう10円玉は邪魔だし入れなくても大丈夫だろうと、完全に油断して

靴に入れずにいたんです。10円玉抜き、これがマズかったです。

 

会社の自分の席で作業をしていて、足が蒸れるからちょっと靴を脱ごう!

昨日の感動を思い出しながらちょっと靴を脱いだ直後、また良からぬ臭いが。

 

このヤバいニオイはどこから?向かい側の人のなんじゃないか?

と思いつつも、よく見たら向かい側の人はしばらく席を外していて、

どう考えても自分の足からという現実でした。

 

あれっ、ガレイドさん!?

やっぱ自分にはまだ10円玉が必要だったのか・・・

そう感じた1日でした。

 

クリームを無駄にしないために気を付けていること

ガレイド(GALLEIDO)は安物のクリームではないので、

少しも無駄が無いように使いたいです。

 

公式ページ
にも

「必ず清潔な肌に塗る事が長時間持続する秘訣です」

と書いてあるので、朝家を出る前にシャワーを浴びて、

脇や足をよく洗ってからクリームをぬるようにしています。

 

足は皮膚が厚くてゴシゴシ洗えるけど、脇の皮膚は薄いので

優しく丁寧に洗います。肌を弱酸性に保って細菌から

守ってくれる皮脂膜を、肌に残すように優しく洗うのが大事です。

 

まとめ

使用済みの靴下からヤバいニオイがしなくなって感動した話でした。

 

人によって食生活や履いている靴、足の常在菌のバランスなど、

全然違うので必要な対策は異なります。

 

私の場合は、足をしっかり洗うこと、靴に10円玉を忍ばせておくこと、

デオドラントクリームのガレイド(GALLEIDO)
をぬること、

この3つでかなり改善しました。

 

足のニオイで悩んでる方の参考になれば幸いです。